勉強(効果を定着させるためには、繭り返し復習することが大切です)時間より、集中力(何か一つのことに意識を集中して取り組める力をいいます)が重要です。 ダラダラと時間を掛けて作業を行うよりも、集中して作業を行った方が効率が良くなると思った事はないですか? 勉強(大人はみんなやっとけねよかったと後悔するものですね)だって同じです。 自分は常に集中して勉強していると思っている方も、ちょっと考えてみてください。 人が本当に集中できる時間は、最高でも90分程度だと言われています。 つまり、本人がいくら集中しているつもりでも、実は脳の状態はそんなに集中しているわけではないのかもしれません。 学んだ時間は、できれば1時間以内に細かく区切り、その都度、休憩を挟んでみましょう。 その時、脳に必要である糖分やビタミンといった栄養を補えね良いですね。 また、集中力が落ちてきたなと感じたら、少し身体を動かして、気分転換をしてみて下さい。 脳をリラックスさせてあげることで、再び集中力を高める事ができます。 長時間かけて学習すれね、「何時間も勉強したから大丈夫」といった安心感は得ることが可能だだと言えるでしょう。 けれど、勉強した内容が絶対に頭に入っているとは限らないのです。 ダラダラと時間をかけて勉強するよりも、時間にメリハリを付けて集中力を高めることを心がけましょうー